• 20〜30歳代の方へ・将来全てのバスを運行

    READ MORE

  • 女性バス乗務職を目指す方へ

    READ MORE

  • U・I・Jターンを検討中の方へ

    READ MORE

  • バス未経験・大型2種が未取得の方へ

    READ MORE

  • とりあえず気になる方へ・ご家族の方へ

    READ MORE

働きやすい職場環境

舞鶴営業所の例


京都交通は経営破たんと会社更生法の適用を経て、平成17年に再生スタートしました。地方都市における路線バスの維持のために、お客様からのご依頼やご要望を最優先に考えて来ました。しかし、それは裏返せば乗務職など勤務員へのプレッシャーでもありました。もう一息…のところまで来た平成27年、徐々に退職者も出始めました。

平成28年2月以降、舞鶴営業所では乗務職個別ヒアリングを始めとし、職場改善に真剣に取組んでいます。早速3月から入社希望者の増加傾向に一気に転じています。

職場改善の第一ステップはお客様の生活利用に影響の少ない収益部門の仕事から 見直すことから開始しました。 高速バスの期間運休や貸切バスや契約送迎の見直し。折角、育てていただいたのに、ご迷惑をお掛けし、内部的にも本当に辛いことでした。


そしてヒアリングの結果などから・・・


一定リズムで休める公休

平成28年8月1日から、【一定リズムで指定公休】と移動公休の組み合わせでの指定 勤務をスタートしています。
以前の勤務指定では、いつ休めるか分からないとの声もありました。 体力や集中力の維持が難しいというプレッシャーからの開放=働きやすさ=安全性 の向上を目指します。

路線バスの交番(勤務シフト)変更

平成27年の舞鶴市内路線バスのダイヤ改正は結果的にお客様の利便性はご利用数から見ても飛躍的に向上しています。その裏側では過密スケジュール化が進んでいます。これについて、平成28年秋を目指し、利便性を大きく下げずに過密度を下げる様に組み直しを進めています。

安定の仕事量と仕事内容

ありがたいことに、当営業所は時期などに大きく振られない、安定的な仕事量があります。収入も月により何割も変動するということは起き難い状況です。 また、1回で腰を潰す様な重たい荷物の上げ下ろしや、月の半数以上を車中や外部宿泊先で仮眠するような状況もありません。

賃金・収入面

平成28年

・6月から基準日額の賃上げ実施。
・夏期賞与の支給(更に年間賞与に対するプラスα、レクレーション費用も支給)。

ステップアップのイメージ
ステップアップ図


他にも・・・




IP無線動態管理システム設置

路線バス及び高速バスの位置情報を運行管理者が把握しつつ、乗務職からの緊急要件に対し迅速に応対できるようにIP設置を進めています。乗務職の安心=お客様の安心を目指します。

ドライブレコーダーの全車設置・バス洗車機設置

乗務職が真摯に業務に取組む姿勢が間違った評価を得ない様に、予防と抑止力として全車輌へのドライブレコーダーの設置を進めています。安心して働きやすい勤務環境を目指します。平成28年度中には設置率が90%以上になる予定です。